0コメント

VAPEブログ・神様の宝石でできた島 〜BAKS LIQUID LAB/Gotland Pepparkakor〜

IMG_1080.JPG

えー・・・

VAPEの世界には数多くの沼がございます。

例えば私なんかは、みなさまもご存知の通り

リキッド沼とチューブ沼の住人なわけですが

これ以外にも、アトマ沼、ドリチ沼、コイル沼、工具沼。

特殊な所ですと、自分でMODやドリチを作ってしまうという

自作沼なんて場所にお住いの方もいらっしゃるようです。

なんにせよ、人の進歩というのは計り知れないものでして

市販の物よりもユーザーさんが自作した物の方が優れているなんて例も、最近ではしばしば起きているようです。

自作沼といえば、最近Twitterで、ちょくちょく話題になっているのが

自作リキッドではないでしょうか?

自作リキッドといえば過去にこのブログでもレビューさせていただきました

YAIRAさんのYAIJIRUが思い浮かびますが、これもまたユーザーさんが自作で作ったとは思えない、素晴らしい美味しさのリキッドだったことが記憶に新しい所です。

ところが最近では、YAIRAさんだけでなく、私のフォロワーさんたちがこぞって自作リキッドを作っているようです。

しかも、そんな状況を面白いと思ったフォロワーの「繻子さん」が

「自作リキッド交換企画」なるイベントを主催した事で、現在、Twitterにおける自作リキッドの波は最高潮に達しております。

現在その経緯は、Togetterにてまとめられておりますので、そちらを見ていただくと詳しいことが分かるかと思います。

「自作リキッド交換会 Togetterまとめ」←まとめサイトはこちら

リキッドに関しては、私もブログ内で何度か書いたかもしれませんが

世界的に味覚が優れていると言われている日本人が、自国のユーザーを満足させるためにリキッドを作っているにも関わらず、海外リキッドに大きく水をあけられている現状は納得のいかない所ではあるわけですよ。

そして、その理由を考えた所、私の中で出た答えは

日本産リキッドメーカーの考え方は「チェーン店」であるということなんですね。

チェーン店の味というのは、特別に個性的な味付けではなく、全ての人が平均点をつける無難な味でなくてはいけません。

ですから、飛び抜けて個性的で、人を選ぶようなリキッドを作ることを敬遠する傾向にあるんですね。

それに引き換え

海外リキッドメーカーの考え方は「個人店」なんですよ。

個人店は、他の店と差別化を計れる、個性的なメニューを提供しなくては生き残れません。

そして、その二つを比較した場合どうなるか。

例えば、無難に食べられる味のチェーン店のラーメン屋さんと、他では味わえない極上の味だと評判の個人店のラーメン屋さんが並んでいたら、どちらに入りますか?

現在の国内メーカーと海外メーカーの大きな違いはそこだと思うのです。

・・・では、仮に

確かな味覚を持った日本人が、「個人店」を目指してリキッドを製作したらどうでしょうか?

・・・

今回レビューするのは、そんなリキッドです。

・・・
・・・・
・・・・・

さあさあ。

はっきり言って、今回のリキッドレビューは気合が入っています。

正確にいうと、気合を入れざるを得ない上質なリキッドと遭遇したのです。

今回レビューさせていただくリキッドはこちら

BAKS LIQUID LAB
IMG_1080.JPG
Gotland Pepparkakor

Twitterでいつもお世話になっている

oshinbaks @baksliquidlab 氏の自作リキッドです。

そして、久々のタイトル説明ですが、今回はTHE BOOM、宮沢和史の楽曲よりいただきました

本来ならばリキッドの名前が「Godland」ではなく「Gotland」ですので、神様の・・・ではありません。

わかっていながらも、自分の気に入ったリキッドのレビューの時は、自分の好きな楽曲のタイトルを当てはめたくなるという面倒な癖が出たため、このタイトルをつけさせていただきました。

ちなみに、神様の宝石でできた島は、宮沢和史がジャマイカ人ミュージシャンのヤミ・ボロと歌った楽曲です。

のちにTHE BOOM名義でカヴァーしましたが、私的にはMIYA・YAMIバージョンの方が好きでした。

一応「Gotland」の補足といたしましては、スウェーデン最大の島と言われる、バルト海に浮かぶ島の名前らしいです。
これに関しては、Google先生が言ってるんだから間違いありません。

やっぱりGoogle先生は万能ですなぁ・・・

・・・
・・・・
・・・・・

自作リキッド交換企画ではブラインドテイスティングが基本らしいので、今回は私もノーヒントでレビューしてみようと思います。

とはいえ、生姜味が入っているという大ヒントを事前にいただいてしまってるんですけどね!!

まずは、いつも通りの高抵抗から

IMG_1081.JPG

Hobbitにて1.2Ωです。

・・・

なにこれ!半端なく美味い!!

ほのかな甘さのシナモンクッキーです。

シナモンの癖のあるしつこさはないのに、シナモンに力があるように感じるのは、きっと生姜の力なんだと思います。

正直、前もって生姜だと言われていなかったら、完全に癖のないシナモンクッキーだと答えていたと思います。

もう少し抵抗値を下げてみましょう。

IMG_1082.JPG

Mad Hatter 24にて、0.5Ωを用意しました。

・・・

あ、なるほど!この抵抗値だと多少生姜の感じが出ますね。

とはいえ、やっぱり生姜だと言われているからこれが生姜だと言っているだけで、実際に感じる味は、スパイシーな香辛料のような風味です。

メープルシロップ風味のクッキーにぴったりはまるスパイシーな香辛料ということで、私の頭が認識して出した答えはシナモンでした。

ですが、生姜だと聞かされてから吸うと、確かにシナモンとは別な、もっとスパイシーな香辛料だと舌が信号を出します。

はっきり言って、ブラインドだったら、生姜が絶対に浮かんできません。

この辺りの抵抗値から、奥に潜んでいる煙草味が顔を出してきます。

では、もっと抵抗値を下げてみましょう。

IMG_1083.JPG

apocalypseにて、0.3Ωです。

今回は本当に0.3Ωを用意する気合の入り方です。

・・・

衝撃すら感じるかつてない美味しさです。

今まで、脇役だった香辛料や煙草味が主張を始めます。

本格インド料理のお店や、アロマを扱っている雑貨屋さんで感じる、リラックスできるお香の香りが部屋いっぱいに広がります。

味としては煙草味がいきなり主役に踊り出します。

生姜味はこの抵抗値が一番感じられました。

それでもブラインドだったら、この味がなんなのかは分かっていなかったと思います。

個人的には、少し癖すら感じる、このスパイシーな煙草味が完全にツボで、いつまでもいつまでも吸っていたい気分になります。

・・・
・・・・
・・・・・

総評といたしまして

私の今まで吸ってきた煙草味リキッドを根底からひっくり返す衝撃の美味しさです。

私の持論として

リアルな煙草リキッドは必要ないと思っています。なぜなら、本物の煙草の方がリアルだからです。

どれだけリアルに煙草味を再現しても、対抗する相手が煙草である限り、絶対に敵わない訳で、そこを目指す意味は皆無だと思っています。

それならば、煙草フレーバーを利用して、全く別な味を作って、煙草の味を超えてこそ煙草の代替品になると思うのです。

現在、その最高峰に位置しているのが

個人的にはSCREW BACCOやAWTやBLACKBIRDだと思っていました。

ところが今回、その最高峰が私の中であっさりとそして、確定的に入れ替わりました。

しかも、それは日本の自作ユーザーによって。

もちろん、人によってはそのスパイシーな香辛料の香りが苦手な方もいるでしょう。

でも、それでいいと思います。

だって、海外リキッドと肩を並べるには

無難に美味しいだけじゃなく、時には癖すら感じる、個性豊かな「個人店」の店主が必要なんですから。

・・・
・・・・
・・・・・

今回の記事でGotland Pepparkakorに興味を持っていただけた方は、Twitterにて「oshinbaks @baksliquidlab」様にダイレクトメッセージを送る事により購入することができます。

YAIRA様の時にも書きましたが、oshinbaks様もあくまで一般の方です。

メッセージを送る際は、節度を持って、しっかりと大人の対応を心がけてください。

そして、前置きで書きました、繻子様主催の「自作リキッド交換企画」ですが、第2回が開催されるようです。

「リキッドを自作して、みんなに吸ってもらいたい!」「みんなの自作したリキッドも吸ってみたい!」など、自作リキッド交換企画に興味のある方はTwitterにて「繻子 @shususususu」様までお問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

もちろん、繻子様も一般の方ですので、節度を持った行動でお問い合わせしてくださいね。

繻子様のブログも掲載させていただきます。

赤と黒の靴を履いて←ブログはこちら

この記事へのコメント